タイトル:コアメンバー

常に前進。新しい価値を創造するために。

一人一人の強みを活かした、”expanding”なアシスト集団です。

倉田美和子 (くらたみわこ) Executive Planner & Copy Writer
「二十歳のエアメール」(中央公論社刊)でデビュー。プランニングとコピーワークによって戦略に命を吹き込み動かすことを生業とし、市場シェアを競うビジネスレースで活動中。新種かつ複雑なビジネス食材もスピーディーにさばき、美味なるレシピを生み出すことを得意技とする。人材育成、目標管理等をテーマとしたビジネス書の著作多数。
内藤久仁美 (ないとうくにみ) Executive Planner & Director
アナウンサーとしてブラウン管にデビュー後、情報の伝え手から生み出し手へ転身。組織開発とトレーニングを米国にて学び、帰国後、営業プロセス革新のためのラインサポート、トータルソリューションのための企画、提案、OJTサポートに携わる。人と人、脳と脳をつなぎ、課題解決へと導くハイフン化を行い、プロジェクトをゴールに向けて推進させることを得意技とする。日本舞踊西川流西川千麗に師事。
菅原裕子 (すがはらゆうこ) Consultant
日本ではじめてのインタアクティブ(双方向参加型)の潜在能力開発の女性トレーナーとしてデビュー。以降、リーダーシップ、組織開発、コーチングを専門としてコンサルティング活動を展開。人がもつ力を最大に引き出し、磨き上げ、組織を活性化させることを得意技とする。著書に「コーチングの技術)(講談社)、「聞く技術伝える技術」(オーエス出版)ほか多数。 財団法人生涯学習開発財団認定コーチ、労働省認定産業カウンセラー。
和田球希(わだたまき) Chief Editor & Coordinator
学生時代、アルバイトとして足を踏み入れたスポーツ用品店で、販売の世界の面白さにとりつかれ、気がつけば卒業後も同じ店舗で売り場レイアウトやPOPなど、店内における「お客さまのための情報活動」を探求。「もっと言葉で伝えられるものを作りたい」と、情報誌制作の畑を進むなかで「ex-」に出会う。たくさんのモノを見て、食べて、吸収し、成長したい! 意気込み∞無限大。
関玲子(せきれいこ) Editorial Coordinator
実用書の編集に打ち込むこと○十数年。その始まりは旅行書づくりから。出版社で旅ゴコロをくすぐるガイドブックや旅行に役立つデジタルコンテンツを生み出し、のちにフリーランスとして、料理や美術にその裾野を広げる。どんなときも『受け手にとって必要な情報を、いかにわかりやすく届けるか』が最大のテーマ。新たに[ex-]でどんなテーマに出合えるのか、人知れずワクワク中。
佐藤佳奈子(さとうかなこ) Editorial Director
版元にて雑誌、文庫、コミックスの編集に十余年従事したのち[ex-]入社。エンタテインメント畑からビジネス畑にステージを移し、編集者としていっそうの飛躍をすることが目標。好きだった仕事はグッズ作りとカバーディレクション。それは編集の仕事ではないのではという突っ込みをかわしつつ、転職を機に趣味の一つでも持ちたいスワローズファン。神宮通いが裏目標。